乾燥肌

【レビュー】乾燥肌の30代男性が一週間水洗顔を試してみた【肌断食】

乾燥によるカミソリ負けが気になる、ニキビができやすい、洗顔すると数時間後にはかゆくなる

こんな悩みありませんか?

今回は、乾燥肌の30代男性が一週間水洗顔してみた感想を記事にしてみました。

この記事を読むことで、皮脂の落としすぎずに洗うことで乾燥を防ぎ、乾燥肌の悩みを軽減する事ができるでしょう

 

 

 

 

本記事の内容

  • 水洗顔を試してみた結論
  •  水洗顔が効果的な根拠について
  • どうして水洗顔を始めようと思ったのか?
  • 水洗顔を始める前はどんな悩みを抱えていたか?
  • 水洗顔を始めたことで解決した悩み
  • 水洗顔のやり方
  • 水洗顔のメリット・デメリット
  • 水洗顔に向いている肌タイプ
  • お湯洗顔との違い
  • 水洗顔後のスキンケア
  • 水洗顔を行う際の注意点
  • 水洗顔の疑問
  • 水洗顔したことで起こった変化について
  • まとめ

 

 

 

 

水洗顔を試してみた結論

結論としては、かなり乾燥しずらかったです。

ただ、脂性肌の人の様に皮脂が多くて悩んでいる人や、洗顔料で洗顔しないと気が済まない人にはあまり向かないかもしれません

乾燥肌の人の様に、皮脂の分泌が少ない人には水洗顔がオススメできます。

 

水洗顔で皮脂を落としすぎないことによって、皮脂が肌の乾燥を防いでくれるのです。

肌内部の水分が保たれることにより、頻繁に起きていたカミソリ負けなども軽減されて、炎症や痒みなどもなくなってきました。

 

 

 

 水洗顔が効果的な根拠について

普段行っている洗顔やスキンケアは皮脂を過剰に落としすぎてしまう危険があります。

特に、スクラブ洗顔料などを使って肌をゴシゴシ洗っている人は、皮脂を過剰に洗い流している可能性がある為に注意が必要です。

洗浄力の強い洗顔料で力を込めて洗ってしまうと、皮脂が過剰に流れ落ちてしまい摩擦で炎症が起きてしまいます。

このような【皮脂を洗いすぎ】の状態で傷んだ肌の修復のために、必要な皮脂を残しながら酸化した過剰な皮脂だけを洗い流すのが水洗顔です。

水洗顔をすることで、普段の洗顔で洗い流しすぎていた皮脂を残すことができます。

適度に皮脂の残った肌は、肌内部の水分が乾燥しにくくて肌トラブルが起きにくいのです。

 

 

  

どうして水洗顔を始めようと思ったのか?

水洗顔を始めようと思ったのは、SNSで肌断食という言葉を見つけてからでした。

投稿の内容は、【高い化粧品を使っているのに肌の乾燥が抑えられない】や【化粧品を使う前より肌トラブルが酷くなっている気がする】

いう人は、水洗顔を試してみようというような内容を見てからです。

 

自身も同じような体験をしたことがあり、高額の化粧水や乳液を使っても肌トラブルは改善されずに、ただお金をつかうだけのスキンケアに悩まされていました。

もちろん、すべての化粧品やスキンケアグッズを否定しているわけではなく、

禁酒や禁煙と同じように日々の生活で習慣になっていることを変えてみようと思ったのがキッカケです。

 

期間を一週間という短い期間に設定しているのも、一時的な肌断食として水洗顔をする為です。

  

 

 

 

水洗顔を始める前はどんな悩みを抱えていたか?

水洗顔を始める前は、朝の洗顔時に乾燥でひりついたり、シェービング後の炎症よって一日中痒さや痛みに耐えていました。

肌に炎症やキズがあることで清潔感もなく、人と対面するのを避けるようになっていたのが悩みです。

 

また、秋や冬の乾燥しやすいシーズンには、肌の乾燥が加速してひび割れやアカギレなども加わってより酷い状態になっていたのも悩みの一つです。

 唇が乾燥するのでリップクリームをぬったり、洗顔後のスキンケアを念入りにしても肌の乾燥は酷くなるばかりで改善しませんでした。

 

 

 

水洗顔を始めたことで解決した悩み

水洗顔を始めたことで、皮脂を落としすぎることもなくなり、乾燥もそれほど気にならなくなりました。

起床時に、肌がしっとり潤っている時の感覚はかなりうれしく、洗顔後やシェービング後も肌が乾燥しずらいので快適に過ごせました。

水洗顔の期間中は、化粧水・乳液などは一切つけておらず、代わりに天然水を少し多めに飲んでいました。

その為か、肌内部のうるおいがあり、しっとりとした肌をキープ出来たのです。

 

 

 

 

水洗顔のやり方

肌のキメを整えて、酸化した皮脂や汚れだけを落とす水洗顔の手順を4ステップで解説していきます。

洗顔前に手を洗って汚れを落としておく

水洗顔の前に、必ず手を洗っておきましょう

事前に手を洗っておくことで、手についた雑菌や汚れが肌に付着するのを防ぎます。

手を洗わないで水洗顔してしまうと、雑菌や汚れが肌トラブルの原因になってしまうので注意が必要です。

 

 

お水で顔をすすぐ

手を洗い終わったら、水ですすいでいきます。

水の温度は28度以下に設定しましょう

あまり温度が高すぎると、皮脂を過剰に溶かして洗い流しやすくしてしまいます。

当然、皮脂が落ちやすくなるので、肌は乾燥しやすくなってしまうのです。

すすぐ際は、あまり力を入れずに肌表面をなでるくらいの感覚でやると上手に皮脂や汚れが落とせます。

   

 

タオルドライ

水洗顔が終わったら、タオルドライをしていきます。

タオルドライの際は、力を入れないでそっと肌表面にタオルを押し当てるくらいで大丈夫です。

あまり力を入れてしまうと、摩擦によって肌が傷ついてしまい、肌トラブルの原因になってしまう可能性があるためです。

 

水洗顔後のスキンケア

水洗顔後は化粧水と乳液でスキンケアをしましょう

化粧品の肌断食が目的の人は、代わりに白色ワセリンで丁寧に保湿します。

水洗顔が皮脂を残しやすくて乾燥しにくいとは言え、肌に水分が無いと意味がないので

化粧水で水分を補給して乳液でフタをするのがベストです。

 

 

 

水洗顔のメリット・デメリット

水洗顔を始める上で、メリット・デメリットが気になっている人もいるかと思いますので簡単に解説します。

 

水洗顔のメリット

  • 皮脂を洗い流しすぎない為、乾燥しずらい
  • 化粧品を買わなくていいので経済的(試行期間だけ)
  • 朝の洗顔にかかる時間短縮をできる
  • 皮脂の臭いやベタつきが気になったら何回でも洗顔できる

 

 

水洗顔のデメリット

  • 脂性肌の人の様に、皮脂の分泌が多い人にはあまり向かない
  • 皮脂の臭いが気になる(自分は感じませんでした)
  • 洗顔時のさっぱり感がうすい

 

 

 

水洗顔に向いている肌質は乾燥肌

水洗顔は、肌質によって向き不向きがあり、乾燥肌の人にオススメです。

乾燥肌の人は、皮脂の分泌量が少ない為、水洗顔でも十分に酸化した皮脂を落としきることができます。

ですが、脂性肌(オイリー肌)や混合肌の人は、皮脂が過剰に分泌されている為に水洗顔で皮脂を落としきることができません

落としきれなかった皮脂は、酸化して肌トラブルの原因になってしまうので、脂性肌や混合肌の人が試すには注意が必要です。

 

 

 

お湯洗顔との違い

水洗顔とお湯洗顔の明確な違いとしては、洗顔時の温度が違います。

もう少し具体的にいうと、洗顔時の温度がお湯洗顔よりも低いことで、より皮脂が過剰に落ちるのを避けて、酸化した皮脂や汚れだけを洗い流すことができるのです。

正直な話、お湯洗顔の方が皮脂や汚れを洗い流すのに向いていると思っていましたが、いざ水洗顔を始めてみると

洗いあがりの肌の乾燥も少なくて臭いも気になりませんでした。

 

肌についた皮脂は、体温に近い温度で溶けて洗い流しやすくなるので、体温よりも低い水で洗うと固まって落としやすくなるのです。

カップラーメンのお湯が冷めると、表面に油の塊が浮いてくるのと同じような状態ですね(表現が分かりずらかったらすみません)

 

 

 

 

水洗顔を行う際の注意点

水洗顔を行う際は、水の温度・手の清潔さ・力加減に注意が必要です。

水の温度は高すぎない方が皮脂を落としすぎなくて済み、28以下の水ですすぐとよいでしょう

手の清潔さに関しては、すすぎに入る前に必ず手を洗うようにして、雑菌や汚れが付着した手ですすがないようにします。

次に、すすぎ時の力加減については、あまり力を入れすぎない方がよいです。

あまり力を入れてしまうと、摩擦によって肌が傷ついてしまい、炎症などの肌トラブルになってしまいます。

ですので、タオルドライ時は肌に当てるくらいの力加減で水分をふき取るように心がけましょう

 

 

水洗顔の疑問

水洗顔を続けたらどうなりますか?

適度に皮脂が残った状態が続くので、乾燥によって引き起こされる炎症やシミ・シワなどの肌トラブルが起きにくくなります

 

水洗顔でニキビは治りますか?

自分が水洗顔を試しているときは、ニキビは出来にくくて治りも早かったです。

そもそもニキビとは、スクラブなどの洗浄力が強すぎる洗顔料で皮脂を過剰に洗い流してしまい

肌に本来いる常在菌のアクネ菌が、乾燥に耐えられなくなって毛穴に潜って繁殖することによって引き起こされる毛穴の炎症を指します。

ですので、肌の皮脂が適度に残った状態は乾燥に強く、日和見菌(肌環境によって善玉菌・悪玉菌の役割をする)であるアクネ菌が

肌トラブルを引き起こす可能性は薄いと考えられます。

 

肌断食中につける白色ワセリンは、水洗顔で落ちますか?

白色ワセリンをつける量によって違います。

白色ワセリンを、少し水で薄めてから顔全体にぬると、落としやすいのでオススメです。

あまり量をつけすぎると落ちない可能性があるので、人差し指に乗るくらいの量で充分でしょう

 

水洗顔で肌が突っ張ってしまいます。どうしたらいいでしょうか?

水洗顔があっていない可能性があるので、お湯洗顔に切り替えましょう

また、洗顔後のスキンケアをしないと肌が乾燥しやすくなることにも注意です。

お湯洗顔の記事はまとめの後に張ってあるので参考にしてください

 

 

 

水洗顔したことで起こった変化について

水洗顔を一週間試してみて起こった変化として、

  • 水洗顔を始めた初日に、肌が乾燥しにくくなった
  • ニキビの出来ていた部分が早く治った
  • カミソリ後の炎症が気にならなくなった
  • 乾燥によるかゆみがなくなった
  • 洗顔に使う時間が少なくて済むので、朝の洗顔に余裕を持つことができた

中でも、カミソリ後の炎症が減ったのは一番うれしかったです。

炎症によって皮膚が赤くなっていた部分も、今では健康な色になっているので、水洗顔を試してみて本当に良かったと思います。

 

 

 

まとめ

水洗顔をやってみると、意外と汚れや皮脂がおちることに驚きました。

水洗顔後の肌も、冷たさで毛穴が引き締まり血色もよくなっていたのです。

今まで洗顔料を使わないことに多少の抵抗はありましたが、いざ水洗顔やってみると意外な発見があって楽しかったです。

乾燥肌に悩まされている人は、水洗顔を一度試してみてください

それでは閲覧ありがとうございました。

 

合わせて読まれています

 

 

 

 

-乾燥肌