乾燥肌

【乾燥肌】睡眠不足に悩む30代男性が北枕を試してみた【オススメ】

閲覧ありがとうございます。

今回は乾燥肌に悩む30代男性が、睡眠不足を解消するために北枕を試した記事です。

肌の乾燥が気になる、肌トラブルがなかなか治らない、日中に頭がぼーっとしてる

こんな悩みを抱える人にオススメの記事となっています。

この記事を読むことで、睡眠不足が解消されて肌のターンオーバーを正常に保てることができるでしょう

  

北枕を試してみた結論

北枕

まず結論から行くと、北枕を試したらかなり快眠でした。

北枕を試す前は、夜中に1時間間隔で起きるような睡眠障害に近い生活を送っていました。

しかし、北枕を試した当日からかなり眠れるようになり、しまいには起きなくてはいけない時間を過ぎても爆睡してしまったのです。

(アラームかけろと言われればそれまでですが)

以前は前日の疲れも残り、慢性的な筋肉痛や肩こりでしたが、睡眠が安定することで徐々に改善されてきています。

乾燥でガサガサだった肌も、しっかり修復されているのかコンディションはかなりいいです。

 

 

 

 

 北枕が睡眠不足を解消する根拠(ここ重要)

北枕/睡眠不足

北枕に睡眠不足を解決する科学的な根拠があるか気になる人も多いと思います。

北枕で寝ると、頭にあった血液が足元に流れやすくなり、交感神経から副交感神経に切り替わりやすくなると言われています。

副交感神経が優位の状態では、リラックス状態を維持しやすくなるので、入眠をスムーズにして睡眠状態を維持しやすくなるのです。

副交感神経の機能は、血管拡張・血圧降下・心拍数低下・筋肉の弛緩・発汗の抑制と睡眠に必要な機能であり

男性は30歳以降に副交感神経の働きが低下すると言われています。

では何故、血液が足元に流れやすくなるかと言うと、地球自体が巨大な磁石のようなものであり、磁場の向きがS極(北極)からN極(南極)へ流れているのが理由です。

(方角磁石は地球とは逆の(N極)が北で、(S極)が南を向きます)

以上の理由で、電導性のある物質や血液などは、磁力のよって北から南に流れやすくなります。

 その為、頭にあった血液は足元に流れて副交感神経が優位になり、リラックスして睡眠状態を維持しやすくなるのです。

 

 

 

乾燥肌の悩み

北枕|悩み

北枕を試す前は乾燥肌の悩みが酷く、朝起きると肌はガサガサでかゆみや炎症による赤みが目立っていました。

寝つきが悪いせいか、ちゃんと睡眠時間を確保しているようでも、肌が再生されておらず傷や炎症の治りが遅かったのも悩みのひとつです。

朝の洗顔後にシェービングをしようものなら、カミソリ負けで一日中赤みが引かずに清潔感のかけらもない毎日を送っていました。

 

清潔感がないせいで対人関係を避けるようになり、相手の目を見て話しずらくなっていました。

また、乾燥によるかゆみで仕事などにも集中しずらい悩みを抱えていたのです。

 

  

 

乾燥肌の悩みは解決したか

北枕を試す前は、上記のような赤み・痒み・炎症・カミソリ負けなどの乾燥肌に悩まされていたのですが、北枕を試した翌日からはいつもと肌の感覚が違い、適度に皮脂で覆われたしっとりとした肌を体感する事ができました。

朝の洗顔後も顔のツッパリ感は少なく、カミソリ負けで肌がボロボロになることも少なくなったのです。

 正直な話、こんなに早く効果が表れるとは思いませんでした。(それだけ酷い状態だったと言えますが)

北枕を試したことで、乾燥肌の悩みだけではなく他の悩みも解決することができました。

日中にものすごい睡魔に襲われていたのも、頭がクリアな感覚を長時間キープすることができていますし、睡眠不足によってイライラすることも減りました。

なので、自分と同じような乾燥肌の悩みや、睡眠不足による何かしらの不利益を感じている方は、是非試してみてほしいと思います。

 

  

 

 

北枕はどんな人にオススメか

北枕は30代以降の自律神経の働きが低下している男女に強くオススメします。

  • 最近、どうも寝つきが悪い
  • 起床時のコンディションが最悪
  • 自律神経が乱れてきていると感じる
  • 肌が乾燥しやすい
  • 肌トラブルが治りにくい

こんな悩みを抱える人にオススメです。

これ以外にも、お酒を飲む習慣があって睡眠が浅い人も試してみてもいいかもしれません

 

 

 

そもそも北枕ってなに?

そもそも北枕とは、お釈迦さまが入滅の際、頭を北、顔を西に向け、右わきを下に向けて横たわる頭北面西右脇臥(ずほくめんさいうきょうが)からきています。

お釈迦さまが北枕で亡くなったことにより、お釈迦さまの弟子や信者たちも亡くなると、北枕でご遺体を安置するようになりました。

そのような過去の信仰になぞらえて、今でも亡くなった人は北枕でご遺体を安置するという習慣があり、

生きている人が北枕で寝ると死を連想させてしまい縁起が悪いと言われています。

 

ですが、反対にインドでは北を極楽浄土がある方角としてよい寝方であるという考え方があります。

他にも、風水における北枕は金運・恋愛運・健康運アップの方角とされているので、運を味方につけたい30代男性にはうってつけの方法と言えます。

 

 

北枕は縁起が悪いと思っているのは日本人だけです。

 

 

 

睡眠不足が肌質に及ぼす影響

睡眠不足

成長ホルモンの減少

睡眠時に分泌される【成長ホルモン】は、いくつかの役割があります。

  • 身体の修復を促す
  • 脂肪を分解する
  • 筋肉発達や再生を促す
  • 新陳代謝を上げる
  • 疲労回復

このように、成長ホルモンは体を健康に維持するために必要不可欠であり、睡眠不足によって分泌が抑制されてしまいます。

身体機能の低下はもちろん、肌細胞の再生・修復も困難になり、肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

  

 

 

メラトニン分泌の減少

メラトニンは【睡眠ホルモン】と言われ、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

メラトニンは、夜間から睡眠中に最も多く分泌され強い抗酸化力があり、その効果は、ビタミンC・ビタミンEなどの抗酸化成分を超えると言われています。

なので、睡眠不足によってメラトニンの分泌が低下してしまうと、体が酸化(老化)しやすくなってしまうのです。

 

 

 

 肌のターンオーバーが乱れる

肌のターンオーバーと睡眠は密接な関係があり、睡眠不足が続くとターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。

ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わり(新陳代謝)のサイクルを指しており、主に肌表面の表皮が生まれ変わることです。

この皮膚が生まれ変わるサイクルが正常に働いていないと、日焼け・シミ・シワ・炎症・ニキビなどの肌トラブルが治りにくくなってしまいます。

  

 

 

自律神経に悪影響を及ぼして肌荒れが加速する

十分な睡眠は、副交感神経を周期的に優位の状態(リラックス状態)にし、自立神経のバランスを整え肌を健康な状態に導きます。

反対に、睡眠不足は自律神経のバランスを乱して交感神経が優位の状態(緊張状態)です。

睡眠不足によって交感神経が優位な状態が続いてしまうと、男性ホルモンが活性化して皮脂の分泌が多くなってしまいます。

この過剰に分泌された皮脂によって、ニキビなどの肌トラブルになりやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

まとめ

今回は【乾燥肌】睡眠不足に悩む30代男性が北枕を試してみた【オススメ】を解説しました。

北枕は昔ながらの迷信や縁起を担ぐ人にはあまりオススメしませんが、睡眠不足や乾燥肌の悩みに切実に困っている人には最適の方法と言えます。

快適な睡眠ライフで肌のターンオーバーを正常化して、健康な肌を維持しすることでストレスの少ない充実した日々にしたいですね

それでは閲覧ありがとうございました。

-乾燥肌